パニック障害の可能性がある

電車や車など閉じられた空間に滞在していると、突然、動悸が激しくなったり冷や汗をかいたり、めまいがしてくるといった症状を感じる人がいます。内蔵系の病気なのではと考え、内科の医者で診てもらっても「特に問題なし」といわれた場合、心療内科に行ってみるといいでしょう。というのは、パニック障害と呼ばれる疾患の可能性があるからです。パニック障害とは、特定の状況で過ごしているうちに著しい不安感を抱き、発作を起こすというものでその状況から解放されるとほどなく発作も治まります。

しかし、何度も繰り返していると癖になり、「今日、電車で移動しなければならない」「タクシーに乗らなければならない」と考えただけで発作を起こすようになるので注意が必要です。

抗不安薬を飲んで治療をしていく

では、心療内科で「パニック障害」と診断された場合、どのような流れで治療していくのでしょうか。パニック障害はカウンセリングで治していく方法もありますが、心療内科では基本的に薬を使います。使われるのは「抗不安薬」と呼ばれるもので、飲むことによって不安を感じにくくなるため、発作を防げるのです。薬は乗り物に乗る前など、発作が起きやすい状態になる前に飲みますが、一部の薬は即効性があるため、発作が起きてから飲んでもある程度の効果はあります。

薬を飲んで発作を起こさないという状況を何度も繰り返していると、やがて「自分は発作を起こすのでは」という予期不安と呼ばれるものを感じなくなり、薬を飲まなくてもパニック障害を起こしにくくなるので、そうなれば完治は近いといえるでしょう。

ストレスや悩み事で心が辛くても、わざわざ休日に病院に行きたくないですよね。そんな時は、仕事帰りでも楽に通える、新宿の心療内科がおすすめです。