LED照明ならではのメリット

近年の技術力の進歩により、LED照明は一般の家庭にも広く普及しました。LED照明は従来の照明機器である電球や蛍光灯よりも明度が高く、耐用年数が長いメリットがあります。明度が高いほど明るく照らすことができるので、LED照明を使えばスイッチを入れても部屋が薄暗いと感じる心配がありません。また、LED照明は適切に扱えば従来の照明機器よりもはるかに長く使うことができます。電球は約3か月、蛍光灯は約2年ほどで照明機器としての機能を失いますが、LED照明は約10年は品質が保てるとされていることから、買い替えによるコスト高を避けることが可能です。LED照明は電力消費量が少ないことから電気代を大きく節約できるのも利点の一つになっています。

LED照明の欠点を正しく理解するのが上手に使うコツ

明るく長持ちして電気代もかからないLED照明は何の欠点も無い最高の照明機器に思えますが、実際はLED照明ならではの欠点もあるので家庭の照明機器として使う際には注意が必要です。まずLED照明は長時間照らし続けることを前提にした作りになっているため、スイッチを頻繁に切り替えると耐久性が著しく低下してしまいます。家庭ではトイレや浴室など短時間の使用にとどまる部屋が該当し、これらの場所にはLED照明にはしないのが賢明です。また、LED照明は光を拡散しにくいので特定の部分を明るく照らすのに適していますが、逆に広い部屋をまんべんなく照らす用途には不向きです。家庭用のLED照明にはリビング用など広い部屋での使用に合わせて改良された製品を用いるのが部屋を明るくするための工夫になります。

LEDライトパネルは従来の照明付き看板と比べると電力消費量が少ないので維持費を低く抑えることが出来ます。また、機器も殆ど発熱しないのでパネル部分の劣化も無く、長く使うことが可能です。