製図の作成を効率良く行う方法について

製図の作成は専門技術と豊富な経験が求められます。製図の良し悪しがその後の作業に大きな影響をもたらすので、わずかでも不具合があってはいけないためです。しかし、製図の需要に対して高度な仕上げが出来る人材が少ない問題がありました。そのような状況の中で製図の作成効率が飛躍的に上昇するCADが開発され、工業系の業種で広く普及することになりました。CADはコンピューター上で設計や製図の作成を行う専用ソフトです。緻密な計算に基づいて作成するので、手作業によくあるわずかなズレや記載ミスが回避出来る利点があります。また、修正も容易なので急な変更に対応が可能です。現在では建築や配管、車両設計など様々な分野に細分化されています。

CADを導入する際の注意点

CADは設計や製図作成の効率を大きく上昇させる利点がある一方で、まったくの未経験者が操作するには不向きです。あくまで製図作成の知識を持っている人が作業効率の向上を図る目的で使用する物なので、導入の際には十分に注意する必要があります。また、CADソフトとマシンスペックの相性にも気を配る必要がある他、データの共有についても保管方法や互換性を確認するのが上手に使いこなす条件になります。CADソフトは基本的に新しい物ほど多機能ですが、業種によっては必ずしも最新のソフトが使いやすいわけではありません。仕事現場で快適に使用出来る他、データ破損の心配が無いなど動作が安定していることが長く使い続けるための条件になります。

水道CAD(キャド)とは、上下水道工事の際に必要な各種配管の図面や、行政機関へ提出する様々な申請書について、パソコンで一括作成できる支援ソフトを指します。