新しいトイレに排水管つまりが起きやすい理由

トイレのトラブルは排水管のつまりが多数を占めますが、その原因はトイレによって変わります。従来のトイレで起こる排水管のつまりは排せつ物やトイレットペーパーを大量に流したり、水に溶けない異物を流すなど誤った使い方が原因でした。しかし、近年になって普及している新型のトイレでは適切に使っていてもつまりに見舞われることがあります。これは排水時の水量が古いトイレよりも少ない節水仕様になっているためです。便器と排水管を繋げる部分の形状を工夫することによって、少ない水量でも排水管へ流し込むことが出来るのが節水仕様のトイレの利点です。しかし、水量が少ないと勢いが弱くなり、排せつ物などが排水管の途中で引っ掛かることも珍しくありません。回数を重ねることで排水管に蓄積し、遂にはつまりに至ってしまいます。

新型トイレのつまりは素人作業では解消が困難

トイレつまりが起きた場合、市販の道具で水を逆流させる方法が古くから知られています。従来の便器は排水管との連結部分がなだらかな形状なので、水を逆流させれば引っ掛かった異物を取り除くのは容易です。しかし、節水仕様の便器は少ない水量でも流せるように連結部分が特殊な作りになっています。悪臭の逆流も起きない利点がある反面、つまりが起きた際は市販の道具で水を逆流させることが出来ません。強引に逆流させようとすると便器や排水管に大きな圧力がかかって破損するおそれがあります。流すことが出来る水量も少ないので、異物を逆流させるだけの水圧を作ることも困難です。そのため、つまりを解消するには修理業者への依頼が不可欠になります。手間も費用も嵩んでしまうので、つまりが起きないように日頃から丁寧に扱うことが大切です。

トイレのつまりは、便座や排水管、ノズルなどの経年劣化や、尿や便による汚れなどが原因で起こることがあります。